やんごとなき一族

マンガ

やんごとなき一族33話ネタバレ感想 美保子、破滅のフラグが立ちました

泉に取引を持ちかける美保子だったが、泉は応じずに席を立つ。 一方、佐都と健太の元には大介が500万円の借金依頼に訪れるが、健太は「金は貸さない。自分でなんとかしろ」と断る。 健太に借金を断られた大介は、明人にも借金依頼の電話をかけてくるが、これは美保子が有無を言わさず断った。 しかし、明人と美保子のビジネスに大介の知り合いの力が必要となり、美保子は「500万貸すから力を貸して」と大介に取引を持ちかける。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました