なのに、千輝くんが甘すぎる最新9話さっくりネタバレと感想 千輝くん、真綾に猛アピール

スポンサーリンク

2019年7月24日発売デザート7月号掲載、『なのに、千輝くんが甘すぎる』mission9「最初のミッション」のネタバレ感想です。千輝くんが真綾に猛アピールする回。「え、これまだちゃんと付き合ってないの?マジで?」ってなるレベル。

なのに、千輝くんが甘すぎる/亜南 くじら(あなん くじら)/講談社/デザート2019年9月号

 

登場人物

如月 真綾(きさらぎ まあや)

主人公。失恋がきっかけで千輝くんと片想いごっこをすることに。

千輝くんのことが好き。

 

千輝 慧(ちぎら すい)

学年一のモテ男。陸上部。真綾と同じ図書委員。

基本、女子に対しては塩対応だが、真綾には甘い。

 

さっくりあらすじ

“両想いごっこ”を始めた千輝と真綾。「彼女」としての行動がわからず、わたわたする真綾だが、千輝がちゃんとフォローしてリードしてくれる、っていう甘い回。

 

感想

嘘みたいだろ…付き合ってないんだぜ…これで…。

 

千輝くんめっちゃ押せ押せじゃん。

前も思ったけど、なんできっぱり「好きだからちゃんと付き合おう」って告白しないんだろう。
なんで両想いごっことか回りくどいことやってんだろう。

「真綾が俺に慣れてくれるまで何年でも待つよ」のセリフとかさ、完全に”彼女に手ェ出したいけど彼女が怖がってるから待つ彼氏”のセリフじゃんね。いい彼氏のセリフだよ…。

 

こんなに千輝くんに押されて気づかない主人公もすごい。

「うぬぼれ」という言葉は彼女の辞書にはないらしい。

 

主人公、「真綾と両想いになれるなら秘密でもなんでもいい」って千輝くんに言われた時は、(彼氏って通常営業でそんなセリフ言ってくれるものなのかな…?)ってドキドキしてたけど、”彼氏”としての発言だったら矛盾してるのに気づいて!

彼氏彼女って、通常は両想いだから彼氏彼女なの。

だから”彼氏”は、”彼女”に「君と両想いになれるなら」とか言わないの。

「真綾と両想いになれるなら~~」の発言は今現在の千輝くんの思いなの!気づいて真綾!

って思いながら読んでたよね。

 

次回はデート編です。

どんな押せ押せ千輝くんで、どんだけキュンキュンが詰まってるのか、楽しみです。

 

PR

eBookJapanでは、初めてのお買い物をすると買えば買うほど超お得なeBookポイント還元! 期間限定のお得なキャンペーン!!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました