二人は底辺 ネタバレ感想 吉乃と翔真の出会いのきっかけ

マンガ
スポンサーリンク

『来世は他人がいい』を読んでる人で翔真推しだったら絶対読んだ方がいい

二人は底辺/小西 明日翔(こにし あすか)/一迅社

主人公の染井吉乃は13歳。ヤクザの家の娘ということで、学校でも浮いた存在だった。そんなある日、彼女の祖父が翔真という少年を引き取ると言い出し――…。吉乃と翔真と出会いのエピソードが43ページにわたり描かれます。

Amazonより引用

 

感想 ※ネタバレ注意

私は霧島よりも翔真派でして。あ、『来世は他人がいい』の話です。

翔真の何がいいって、吉乃をめちゃくちゃ大切に思ってる感じね。あの感じがいいですよね。

直接言葉にすることはないけど、言葉の端々とか態度で、吉乃のことがすごい大事なんだな~ってわかる。そこがいい。

 

そんな翔真と吉乃の出会いの話が本作です。

吉乃13歳、翔真15歳、2人は同じ中学で、翔真がシンナーとかやってるって噂を聞いていた吉乃は「一生関わらないでおこう」と思っていたのに、蓮司(吉乃の祖父)から「翔真をワシの息子としてうちで育てる」って突然言われて吉乃が「ええええぇぇぇ~」ってなる話。

これが少女漫画だったら、イケメンと一つ屋根の下で恋がはじまっちゃう…♡!?てな設定ですが、いかんせん『来世他人』のエピソードゼロ的な話なので、ラブいシーンはまったくないよ!

 

見どころはね、やっぱり吉乃のブチ切れシーンでしょう。『来世他人』でもおなじみのキレキレ吉乃が本作でも見られます。キレキレの13歳吉乃。

キレるきっかけってのがね、翔真の父親がクズなんですよ(母親は他界)。クズクズのクズ。金のためなら息子(翔真)をヤクザに売るようなクズ。

そのクズが、翔真にお金せびりにきて、翔真がそれにブチ切れて持ってた刃物でクズを殺そうとするのね。それを吉乃が「やめとき」って止めるの。「こんなクズはアンタが殺さんでも他の誰かにやられるわ」って。

したら翔真が「適当なこと言うなや!」って吉乃を睨みつけて、「どれだけ待っても誰もコイツを殺してくれへんかった」って怒鳴るわけ。

そしたら吉乃どうしたと思う?

 

「わたしがやったる」っつって。

 

いやそんなダチョウ倶楽部じゃないんだから…

 

「翔真が15歳で吉乃がまだ13歳。14歳未満は刑事責任問われない。せいぜい少年院や」って。

もう翔真もポカーンですよ。

そして怒涛の吉乃ターン。

ちゃちゃっと翔真の処遇を決めて(「アンタは今から染井蓮司の息子。このカスはアンタの父親でもなんでもない」って)、クズをちゃちゃっと追い払って。

しかもさ、この時の吉乃の恰好が着物姿なもんで。着物姿でブチ切れて啖呵を切るもんだから、まるでもう”極妻”。

必見です。

 

「『二人は底辺』も『来世は他人がいい』の単行本に収録される日が来るのを待つ」という方もいらっしゃるかもしれませんが、作者の小西さんが「『二人は底辺』が紙書籍で出版される可能性はほぼ無い」と明言されているので、電子書籍でちゃちゃっと買って即読むのがおススメです。

※2018年のツイート

 

『二人は底辺』は各電子書籍で販売されてますが、私がササっと調べた中では、Amazonの電子書籍が一番安かったです。税込み198円。他のとこでは大体税込み220円くらい。

↓↓表紙画像タップorクリックでAmazonに飛びます↓↓


二人は底辺 (ZERO-SUMコミックス)

 

特に翔真ファンにはおススメ!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました