サイソウフレンズ1話ネタバレ感想 人気者だと思っていた自分が実は嫌われていた絶望

マンガ
スポンサーリンク

「新連載か、ふ~ん」くらいの軽い気持ちで読んだらめっちゃおもしろかった

『サイソウフレンズ』を無料で読む方法

『サイソウフレンズ』をお得に読みたい!という方に、無料で漫画を読む方法を紹介。

海賊版マンガはダメ、絶対。

違法サイトで海賊版マンガを読むことで、端末のウイルス感染等があることは周知の事実なんだけど、

私が「これはダメだろ」と思っていることが、「漫画家に利益が還元されないこと」です。

これほんとに一番ダメじゃない?

漫画描いて収入が得られない、って事態になったら漫画は描かれなくなって、生まれるはずだった名作が生まれなくなって、私たち読者は漫画が読めなくなる

巡り巡って自分たちの首をしめることになるから、海賊版は絶対ダメ。

海賊版じゃなくても、読みたい漫画を無料で読むことはできるから!

合法だし、漫画家にちゃんとお金も入る

この方法を友だちに話したら、知らなかった人が結構いたので情報共有として書いときます。

電子書籍サイトの無料体験を利用する

無料体験の有名どころは、U-NEXT<ユーネクスト> よね。31日間の無料体験中に600円分のポイントがもらえて、そのポイントで漫画が買えるってやつ。

でも私が今一番おススメしてるのは、コミック.jp の無料体験

30日間の無料体験中、今だとなんと1350円分のポイントがもらえる。U-NEXTの倍以上。

『サイソウフレンズ』は550円/巻なので、コミック1冊にプラスで他の気になるマンガを1冊購入してもポイント余るくらい。おススメ。

無料期間内で解約すれば料金はかからないし、購入した漫画は解約後も読めるよ。

コミック.jp で漫画を無料で読む
U-NEXT<ユーネクスト>で漫画を無料で読む

 

完全無料じゃないのでこっからは余談ですが、いつでも書店っていうサイトの無料体験では、3,000ポイントが配布されます。

登録月(無料期間内)に解約すると月額料金が発生するから完全に無料ではないけど、「登録翌月へ継続することで初月無料」って仕組み。

めっちゃお得であることは間違いないので一応のせとく。

いつでも書店 公式サイト

 

サイソウフレンズ第1夜/江唯 みじ子(えゆい みじこ)/ハツキス19号掲載

サイソウフレンズ 1巻

[著]江唯みじ子

ざっくりストーリー

入社して5年目、面倒を見ていた新人にパワハラで訴えられ、会社を退職した主人公・武藤 薊(たけふじ あざみ)。会社を辞めて時間もできたということで、高校3年の時のクラス会に参加する。

8年ぶりに戻った地元、久しぶりに顔を出したクラス会で、高校時代クラスの人気者だった薊は皆に歓迎される。

が、会が進むにつれ、薊はクラス全員から本当は嫌われていたということを知る。

感想 ※ネタバレ注意

意外性がすごい。

主人公がパワハラで訴えられて会社を辞めるところから物語が始まって、久しぶりにクラス会に参加して高校時代仲良くしてた男子がかっこ良くなってて、「あんた私に惚れてたの?」「そうって言ったらどうする?」なんて会話を交わしてるもんだから、再会ラブストーリー開幕かなと思ってて読んでたのよ。基本、少女漫画脳なもんで。

ところがどっこい。ところがどっこいですよ。

皆で卒業アルバムを見るところらへんから空気が変わってきまして。

「黒井 雪(くろい ゆき)」という女生徒の写真を見て「黒井さんって覚えてる?」って話になって、回想かな?黒井さんらしき女生徒が体育館で制服脱がされて、それを複数の男子生徒が写メっているという胸糞な場面になるの。

学校の体育館って、2階?っていうのかわからないけど、観客席みたいなとこあるじゃん?バスケリングの上らへん。そこに女子生徒もいっぱいいて、泣いている黒井さんを見下ろしてるの。もちろん主人公もそこにいて、光のない冷たい眼で黒井さんを見てるの。

で、黒井さんはすでに亡くなっているらしい。「私たちがやり過ぎたせいだよね…」とか皆で話してる。

もうこの辺から「あ、恋愛漫画じゃなくてイジメがテーマの作品なのか」と思って読み進めると、主人公の無神経さにビビる。

婚約者に逃げられてヤケ酒してる友人に注目が集まると、その人に対して主人公がまぁいらんことをやんやん言うわけよ。

「あんたを慰めるための会じゃない」「私は思わないけど、こう思っちゃう人がいるかもよ?」って。

 

思わないんだったら黙っとけよ。

黙って飲んどけ。もしくは帰れ。

 

そしてとどめに「昔からしょっちゅう男変わってたしすぐ次の男できるでしょ」って笑いながら言っちゃって、失恋した人に酒ぶっかけられるっていう。

そこから。

そこから、主人公への皆の批判が集まるの。

「自分のことサバサバ女子って勘違いしてそうだけど無神経に人を傷つけているだけ」「今日来ないでほしかった」「自分中心じゃないと不機嫌になるのだるい」

エトセトラエトセトラ。

そして、陰では「世紀の嫌われ者」って呼ばれてたことを知ってショックを受ける主人公。

 

と、いうか、こんなに嫌っている人をなんでクラス会に呼ぶんだろ。主人公にもクラス会のお知らせのハガキが届いたから主人公はクラス会に参加したわけで。こんなに皆が嫌っている主人公なら、呼ばないでいいんじゃない?

地元も数年離れてるみたいだから、そうそう顔合わすこともないだろうし。

何らかの事情で嫌われ主人公にもクラス会のお知らせを出さないといけなかったとして、主人公が現れたときも、異様に主人公をヨイショしてたのはなんなんだ?

高校の時は、この主人公に従わないと自分がハブられる可能性があるからヨイショしとくのはわかるとしても、社会人になってまで嫌われ者に媚びる理由ってなんだ?

しかももう地元にもいない人だよ。

主人公の実家が地元の名士で、主人公や主人公の家の人の機嫌を損ねると地元にいられなくなるとか?それぐらいじゃないと、大の大人がこんなに媚びる意味がわからん。

 

作者の漫画の描き方うまいな~と思ったところが、「あんたはここにいる全員から嫌われてるんだよ!!」って言われた時の主人公の首が、コマ割りで切れているところ。別に1コマでも支障ない場面なんだけど、コマ割りで首を切られたみたいになってる。まさに言葉の刃。

作者の江唯さん、漫画描くのとっても上手だなと思いました。

表現がおもしろい。

 

1話の最後のページに描かれているのは、後ろにクラスメイトがいる主人公と対峙している黒井さん。

そして「世紀の嫌われ者(=自分自身)と戦うことになる」という文字。

え、どゆこと???って思わせる状態で1話終了。

主人公と黒井さんが戦うんじゃなくて?主人公と主人公の戦い??

って疑問符だらけになったので、のこのこと2話も読みましたよね!作者さんうまいね!!

この作品に関連する記事

サイソウフレンズ2話ネタバレ感想 タイムスリップして高校時代に戻るが…
居酒屋を出て、1人雨の中を歩く薊(あざみ)を追いかけてきた自由太(じゅうた)。そこで2人は口論となり、薊は自由太を陸橋の階段から落としてしまう。 血を流して動かない自由太。 「誰か元に戻して!」と薊が泣き叫んだ時、薊に雷が落ち、気が付くと高校時代に戻っていた。 しかし身体は薊自身の身体ではなく、なんと高校時代に自殺した黒井雪の身体だった。

あなたにオススメの記事

ふつつかな悪女ではございますが【小説】2巻結末ネタバレ感想
前回の小説版1巻では、玲琳付きの筆頭女官・冬雪とうせつに入れ替わりを見破られるというところで終わり。 玲琳崇拝のあの冬雪に見破られちゃったら、もうこの入れ替わり終了で話も終了でしょ、と思っていたら、意外や意外、入れ替わりのまま...
ハコヅメ159話ネタバレ感想 桜のツラい告白
◆今回の見どころ(読みどころ) ✓山田がほんとにいいやつ ✓桜のツラい告白 今回の副題が「町山山賊シスターズ」だったの笑ったw 誰のことかって?「大豊作の年」の4人、藤、桜、松島、桃木ですよ。山田曰く、「...

最新刊

サイソウフレンズ 6巻

サイソウフレンズ 6巻

掲載誌

ハツキス 19号

ハツキス 19号

本ページの情報は2021年6月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました