高嶺の蘭さん22話ネタバレ感想 晃に告白した七美の結果は?

マンガ
スポンサーリンク

高嶺の蘭さん22話/餡蜜(あんみつ)/講談社/別冊フレンド2019年6月号

 

 

高嶺の蘭さん1・2・3・4巻ネタバレ 『君に届け』が好きな人におススメ!
高嶺の蘭さん1~4巻/餡蜜(あんみつ)/講談社/別冊フレンド掲載 無料試し読みはこちらをクリック! あらすじ 文武両道でクールビューティーな蘭(らん)は、学校で“高嶺の花”と呼ばれている。だけど同じクラスの晃(あきら)だけ...

 

登場人物

高嶺 蘭(たかみね らん)

主人公。園芸部。

高校入学して2カ月たたず、通う高校のミスにノミネートされるクールビューティー。
黒髪ストレートロング。「六番目の小夜子」の時の栗山千明みたいな髪型。

運動も勉強もよくできる。100m走11秒だし、高校最初のテストでは全教科90点超え、英語は満点だった。料理もうまい。

お金持ちの家で、家族も皆美形。

真面目で、流行りに疎い。家ではランニングマシンやバランスボールで体を鍛え、勉強を欠かさない努力家。

晃と付き合っている。

 

佐伯 晃(さえき あきら)

蘭と同じクラスの男子で、人気者のイケメン。太陽のように明るい人。

蘭の彼氏。

運動はできるが勉強は苦手。

家がお花屋さんで、花のことに詳しい。

 

七美(ななみ)

晃と同じ中学で、蘭と晃のクラスに転入してきた。

晃と仲が良く、晃に告白することを蘭に宣言した。

 

ストーリー ※ネタバレ注意

ドロップキック状態で階段から落ちてくる七美。

心配する蘭をよそに、「新喜劇みたいっ」と大笑い。

笑い顔のまま、「お邪魔虫はふられちゃいましたー」とぽつり。

 

驚く蘭に、七美は「このチビ勝ち目ないのにバカだなーって そう思ってたんでしょ?」と問うが、蘭は「思ってないよ 私より七美ちゃんのほうが晃くんにお似合いじゃないかって…」と返す。

蘭の返しに、七美は「はぁ~~~???」とブチ切れ。「なんでそんな自信ないねん このドあほ!!!」と怒る。

「めちゃくちゃ愛されてるくせにどの口が言うてんねん!! ホンマむかつく!!」と言いながら、蘭に雪玉を投げつけてきた。

 

最初は「やめて」と防戦一方だった蘭だが、七美が投げた雪玉が蘭の顔に当たったことをきっかけに、「自信なんてあるわけないじゃないですかぁっ!!!」と叫びながら七美に雪玉を投げつけた。

そして、晃と楽しく盛り上がれる七美のことがうらやましかったと、胸の内を打ち明ける。

 

七美は、「(晃に)彼女がいても好きになってくれるんじゃないかって期待してた」と言うが、晃に告白した際、”オレは蘭が好きだからごめん”と、断られたらしい。

 

なんで恋敵にこんな話してるの!?と我に返る七美。しかし何でも話せるような親友もいないため、「いちばん話したくない蘭ちゃんにしか本音話せない」と泣きじゃくる。

「ほっといて」と言いながら泣く七美を、抱きしめる蘭。

暴れる七美を一旦離してから、「晃くんをとられちゃうんじゃないかとすごく不安でした」「でも晃くんを想う気持ちは七美ちゃんよりずっとずっと強いです」と言い切った。

 

言葉に詰まる七美。二人の間に沈黙が訪れた時に、晃登場

「お邪魔虫は退散します」と言って、七美はその場から離れていった。

 

晃と二人きりになり、「一体いつから見てたんですか」とアワアワする蘭。

晃は蘭を落ち着かせ、場所を変えて話すことに。

 

「オレが七美に心変わりすると思ってた?」
「オレの想いってその程度だと思われてたんだー…」

と、ため息をついて落ち込む晃に、蘭は慌ててそれを否定。

「七美ちゃんにやきもちを…」と話す蘭に、「蘭もやきもちやくんだ」と晃が笑い、蘭は「やきもちをやくことは本当に苦しい」「それを笑うな」と怒る。

 

「蘭が怒ってくれてうれしい」「だってオレに心開いてるってことでしょ?」と微笑む晃。

「わがままももっと言ってほしい」と言う晃に、蘭が言う”わがまま”が

晃くんとたくさんおしゃべりしたい
今度カラオケに行きたい
スキーも一緒に滑りたい

そして

好きって言ってほしい

 

そんな蘭のかわいいわがままに、晃は「好きだよ蘭」「めちゃくちゃ好き」「大好き」と好きを連呼。

蘭は顔を真っ赤にして座り込むが、「まだ言い足りないんですけど?」と迫る晃。

「もう充分です」と、晃の顔の前に出した蘭の手のひらにキスをして、晃は「大好きだよ蘭」と、蘭を抱きしめた。

 

次話へつづく

 

感想

七美が晃に告白したところで晃は絶対に断るだろうし、何が起きるわけでもないでしょうと思っていましたが、蘭と晃の距離がより縮まるという良い結果になりました。

でもまぁ、彼女としては嫌だよね、彼氏に告白されるのって。しかも「告白するね」っていう宣言付きで。

 

もし私が、知り合いに「あなたの旦那さんのことが好きだから旦那さんに告白しますね」って言われたら、心の底から「はぁ??」ってなる。やめてともどうぞとも言えないけど、「なんだこいつ」ってなる。

「夫がOKするわけないな」と思ってても、むかっ腹がたつ。

「他の女に告白されるほど、私の夫って魅力的なんだな」というポジティブな思いももちろんあるけど、そもそも恋人なり伴侶なり、パートナーがいるってわかってる相手に告白をする人ってのが苦手。

「振られるってわかってても、自分のこの気持ちに決着をつけたいの!」とかってよく言うけど、”うるせー自分の中だけで消化しとけ”って思う。

自分がスッキリするために、他人をモヤモヤさせてんじゃねぇ。

 

七美に与えられた蘭のモヤモヤは、晃がちゃんと解消してくれたからよかったよかった。

 

蘭が晃に言った”わがまま”のレベルが可愛すぎてもう…。

それカップルだったらフツーのことじゃね?的な。

 

次回はバレンタインの話みたいです。

蘭、めっちゃすごいチョコ作りそう。カカオから作ってそう。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました