落ちて溺れて2話ネタバレ感想 冬馬と春の優しさの違い

スポンサーリンク

 

落ちて溺れて2話/伊鳴 優子(いなり ゆうこ)/デザート2021年4月号掲載

ざっくりストーリーまとめ

「恋のはじまり方」を秋音あきねに聞く帆夏ほなつ冬馬とうまに感じる安心感が恋なのか、しゅんへのドキドキ感が恋なのか。「(恋とは)好きの積み重ね」という秋音の答えを聞き、帆夏は冬馬への気持ちを意識する。

ある日、日直の帆夏と春は、教師に用具室へ椅子を片づけるように指示される。用具室での作業を終えて部屋を出ようとしたところ、ドアノブが取れてしまい、2人は閉じ込められてしまう。

感想 ※ネタバレ注意

主人公・帆夏の記憶喪失について、2話目にしてあっさり情報開示がされました。

6年前、11歳の時に事故でそれまで(11年分)の記憶を失ったらしい。

前回、帆夏の家に家政婦さんがいるという情報から、家政婦がいる⇒お金持ちの家⇒身代金目的の誘拐?という連想をしたんですが、誘拐などではなく、事故による記憶喪失みたいです。

何も思い出せない帆夏を支えてくれたのが冬馬と秋音だそうで。「(冬馬と秋音のおかげで)なんとか普通の生活を取り戻した」という帆夏の独白があるので、こりゃあ帆夏にとっては、2人(冬馬と秋音)は超特別な存在だわ。

 

今回の回は、冬馬と春の違いが描かれています。なんの違いかって、帆夏への接し方?というか、帆夏の扱い方というか。

冬馬は、とにかくとことん帆夏を甘やかす。自身の荷物の方が多いのに、帆夏の分の荷物も持っちゃう。

春は、「できることは自分でやりたいタイプだろ?」と、荷物を分けて、帆夏ができる範囲でさせる。

どっちが正しいという話ではないんだけど、帆夏にとっては、春の接し方(接され方?)のほうがしっくりくるみたい。

春が帆夏に荷物を分けるってエピソードは、2人が日直で、教師から「パイプ椅子を用具室へ片づけてくれ」って依頼されてっていう流れ。

通常の恋愛漫画のヒーローって、こんな時、ヒロインに椅子持たせないじゃん?少なくとも、冬馬は絶対に帆夏にパイプ椅子運びなんてさせないわけよきっと。

しかし!春は帆夏にもパイプ椅子を差し出して、「持つだろ?」って言うのよ。「できることは自分でやりたいタイプかと思って」って。

通常の恋愛漫画のヒーローにはあるまじき行為。

だがしかし!私は気づいたのです。運ぶパイプ椅子は6脚。春が帆夏へ差し出したパイプ椅子は2脚。つまり、春は4脚のパイプ椅子を運ぶのよ。帆夏の倍。

私も学生時代にパイプ椅子運びやったことあるけど、あれガチャガチャして運びにくいんだよね。女子が1人で6脚持つのは結構しんどいけど、男子は1人で大体6~8脚は持ててた気がする。

春は、1人でパイプ椅子6脚運べるんだよ。運べるけど、帆夏がやりたがっているってことを知っているから、あえてさせている。だけど分ける荷物は半分じゃなくて、自分が多く持つ。「本人がやりたいって言ってるならさせたらいいんじゃない?」精神。

冬馬とはまた違う優しさ。

 

今回の話は、帆夏と春が用具室に閉じ込められるところで終了。

次回は、閉じ込められた部屋で帆夏と春が過去のこと話したりすんのかなー。で、重要な話のとこで冬馬が助けにきたりすんだろうなー。

 

伊鳴 優子 作品

立ち読みはこちら
立ち読みはこちら

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました