なのに、千輝くんが甘すぎる1巻ネタバレ感想 絶対傷つかない片想い

スポンサーリンク

片想いしかしたことない女の子と、片想いをしたことのないイケメンによる”片想いごっこ”。

なのに、千輝くんが甘すぎる1巻/亜南 くじら(あなん くじら)/講談社

 

登場人物

如月 真綾(きさらぎ まあや)

主人公。16歳。F組。図書委員。

塾で出会った他校生の山田に人生初の告白をするも、フラれる。

恋をすると常識的なストーカーになる。

「おかゆ」という名前の犬を飼っている。

 

千輝 慧(ちぎら すい)

真綾と同じ高校の同じ1年。B組。陸上部で図書委員。

イケメンでよくモテる。11コ年の離れた妹がいる。

基本的に女子には塩対応。しかし真綾には甘い。

真綾に片想いごっこの提案をする。

 

手塚(てづか)

千輝と同じクラス。

探している本数冊を真綾が素早く見つけたことから、真綾のことを「仙人」と呼ぶ。

見た目チャラ男。結構グイグイいく性格。

 

花咲(はなさき)

A組の、超美人で有名な女子。

千輝を下の名前の「慧くん」と呼ぶ。

千輝に告白するが、断られる。

 

山田(やまだ)

真綾の元好きな人。黒髪メガネ。

真綾から告白されてフッた後、SNSでそのことをさらす。

 

 

ざっくりあらすじ

他校生の山田くんに人生初の告白をし、秒でフラれた真綾。しかもそのことをSNS(ツイッター?)で「BUSUに告られたwww」とさらされ、ショックを受ける。

 

翌日、同じ図書委員という接点から、イケメンモテ男の千輝(ちぎら)に失恋したことを知られ、なりゆきで「両想いとか彼氏とかいらない。永遠に片想いでいい」と話をする。

 

真綾は次なる”片想い”のために、いろんなイベントに参加するが、いい出会いはなく全敗。

そんな真綾に、千輝は「無理して相手を探すくらいなら、俺に片想いすれば?」と片想いごっこを提案し、真綾もそれを受け入れて二人の片想いごっこが始まる―――。

 

感想

まず「千輝(ちぎら)」って名字すごいよね。

最初この漫画のタイトル見た時、「千輝」って名前かと思って、「すごい。まさにキラキラネームだな」って思ってたら、まさかの名字。キラキラ名字。

 

千輝くんはカッコいい。ほんとに。

各エピソードに必ず1つは胸キュンなセリフをはいてくる。

 

ただなぁ…主人公の真綾がどうにも好きになれなくて、物語に集中できない…
いやいい子なんですよ?真綾。いい子なんだけど、私にとって「?」な思考や行動が多くて共感できない。

 

まず、失恋して「永遠に片想いでいい」っていう思考がよくわからない。

「もう恋なんてしない!」ならわかる。

「恋はするけど、両想いは嫌。片想いでいい」って…。

そもそも、片想い”で”いいってなんだ?あなた、両想いなったことないんでしょ?なんで両想いがどんな感じなのかを知らないのに片想いの方がいいって言えるのか。

「チョコは好きだけど、ゴディバは嫌。板チョコでいい」ってゴディバを食べたことない人に言われても「は?」ってなるでしょ。ゴディバ食ってから言えや!って。

そんな感じのモヤモヤ感。

 

また、「片想いといえば尾行!!」っつって帰宅中の千輝くんを尾行するのも「え!?」だった。

「片想いの常識!」みたいに言い切ってますけど、そんな片想い聞いたことない。

真綾本人が「恋をするとみんな常識的なストーカーになる」って言ってたし、元々ストーカー気質な子なんだろうけど。

 

一番引いたのは、千輝くんのクラスが体育の時に、真綾が誰もいない教室に入ってテキトーに置かれている千輝くんの制服を「畳んじゃお」って勝手に畳んだこと。

(私にできることはこれぐらいしかないから)

とかってめっちゃイイ風にして、きれいに畳まれてる制服を見て千輝くんも微笑むものだからすごいいいシーンっぽくなってるけど、ドン引きした。

 

え、気持ち悪くね?

 

彼氏彼女の間柄でギリ許される。もしかしたら、彼氏彼女の間柄であっても許されない可能性がある行為では。

それを、付き合ってもいない女が勝手に制服畳むって…。

これ、千輝くんが真綾に(おそらく)好意をもってるから、なんかほんわかしたシーンで終わってますけど、全然知らん女子からやられてたら「え、なに気持ち悪い」ってなってたと思う。

 

あと、真綾思い込みが激しい。

千輝くんが、花咲さんっていう美人さんと話してるところを見ただけで、真綾はその日家で(千輝くんは花咲さんみたいな美人がタイプなのか)って思いこんで、翌朝花咲さんみたいな髪型にして登校するんですけど、なぜ千輝くんが女子と話しただけで「千輝くんはその子のことが好きなのね!」って思考になるのか。

よく見ろ!会話してるっていうか、千輝くんめちゃめちゃ塩対応じゃないか!

花咲さんが、千輝くんのことを下の名前の「慧くん」って呼んでたことで「名前呼び=親しい!?」って思ったのかもしれないけど、花咲さんが勝手に名前呼びしてるかもしれないし、何より、千輝くんの対応を見てほしい。

これで千輝くんが笑顔で対応してたら不安になっても仕方ないけど、めっちゃ塩対応。死海かな?ってくらいのしょっぱい対応してるのに、なにを不安になるのか。

 

もっと状況よく見て!千輝くんのことをもっとちゃんと見てあげて!!

 

ってなるわ、ほんと。

 

主人公をあまり好きじゃない私がこの作品を読み進めることができたのは、千輝くんがカッコよかったからです。

私は「誰にでも優しいイケメン」よりも「想い人にだけ優しいイケメン」が好きでして。

千輝くん、ばっちりそのタイプ。想い人にだけ優しいイケメン。

 

でね、各エピソードごとに必ず1つは胸キュンセリフがぶっこまれてるから。

こんなんキュンってするでしょうよ、っていうセリフが毎回ぶっこまれてくるから。

 

講談社の公式ページで第1話が無料試し読みできるので、読んだことない方は読んでみて(広告じゃないよ)!
【無料】第1話まるごとお試し読み!!

 

最後に。

山田、自分に告白してきた子を「BUSUに告白されたw」ってSNSにさらすとか最低だ。

オメーにはメガネが3日連続で割れる呪いかけとくからな!!

 

PR

電子書籍でのご購入はこちら(表紙画像をタップorクリック)

電子書籍でのご購入はこちらをタップorクリック

無料試し読みもできます!

 

紙媒体でのご購入はこちら

 

なのに、千輝くんが甘すぎる8話ネタバレ感想 千輝くん、真綾に告白
2019年5月24日発売デザート7月号掲載、『なのに、千輝くんが甘すぎる』mission8「上書きできた?」のネタバレ感想です。千輝くん、ついに真綾に告白?するの回。 なのに、千輝くんが甘すぎる/亜南 くじら(あなん くじら)/講談社...
なのに、千輝くんが甘すぎる最新9話さっくりネタバレと感想 千輝くん、真綾に猛アピール
2019年7月24日発売デザート7月号掲載、『なのに、千輝くんが甘すぎる』mission9「最初のミッション」のネタバレ感想です。千輝くんが真綾に猛アピールする回。「え、これまだちゃんと付き合ってないの?マジで?」ってなるレベル。 なのに...

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました